パーティ続きの日々とマックス旅立ち

夏の恒例、地鶏を串刺しにするところから始まるわたしたちのやきとりパーティ。

近所の養鶏家の友人一家プレゼンツ、です。

 

持つべきものは地鶏を育てる友人(しみじみ…笑)。

串刺し→ひたすら焼く→すいか割る→マックス弾く→花火、の工程。

いつもお開きが夜更けになるから…と昼前から集合して始めたのに、終われば結局21時すぎ。

みんな底なしにお酒を飲むので長くなります。

今年もそんな酒豪たちを指をくわえて見ていたわたしです(まだまだ末娘の授乳中)。

来年はわたしだって飲んでやるのだから…!

 

子どもたちは、と言えば、鶏肉そっちのけで友人宅まわりに自生する「トクサ」でひたすら遊ぶ。

 

このトクサ、節がポキッ、ポキッと折れて分解できるおもしろい植物。

 

長いまま振り回したり、節を分解して笛やらマイクやら…

子どもの創造力は尽きませぬ。

しまいには数人集まってのオーケストラ。

中に空洞があるので息を吹き込むとピーピーと鳴りそうなものだけど、

あいにく「ヒューヒュー」となんとも気の抜けたような小さな乾いた音が響くだけでしたが…笑

そしてすいか割り。

 マックスもうれしそう。

これって「チャイニーズゲーム!」とのこと。知らなかった。

 

すいかと子どもはよく似合う。

夜も更けて、マックスの弾き語り。

彼は今や、黒川では知らない人がいないであろう、有名人。

どこへ連れて行っても「ハーイ!」と笑顔を振り向いて挨拶するけど、

移住5年のわたしたちでさえ知らない人だったりするから驚く。

 

田舎の人たちが愛されに愛されたマックス。

3週間のウーフィングを経て、今日京都に(あ、ダジャレ…)旅立ちました。

 

さよならは言わない、と言い「See you soon!」と笑顔でいつものように振る舞う姿を見送り終え

寂しいような、でもまたどこかで会えてしまうような、不思議な感覚です。

 

新たなウーファーあ訪れる9月までの間、家族とのゆったりした食事の時間もまた楽しみ。

トンボを追う長男の後ろ姿に秋を感じた一日でした。


 
 
 

 
 
 
 
 

| 暮らし | 22:16 | comments(0) | - | pookmark |

CALENDAR

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>

SPONSORED LINKS

RECOMMEND

SELECTED ENTRIES

CATEGORIES

ARCHIVES

RECENT COMMENT

MOBILE

qrcode

LINKS

PROFILE

  • profilephoto

SEARCH